CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
222324252627 28
<< February 2009 >>
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
世界に癒しを与えた「おくりびと」受賞
歌舞伎、能、華道、茶道、相撲だけが日本文化ではなかった
死生観のなかにこそ、真の日本文化があると世界が認めたのだ

映画「おくりびと」がアカデミー外国映画賞を受賞したことは嬉しいニュースだった。戦後政治も経済も崩壊し、すべてが混迷する世の中で、オバマ大統領の誕生だけに希望を見いだそうとしていた”哀れな”日本人に大きな勇気を与えてくれた。
たかが映画、されど映画である。
カンヌ映画祭で本木さんに会ったことがある。日本レストランで食事をしたのだが、内田裕也、宇崎竜童さんも一緒だった。
今回オスカーを獲得した同じ滝井監督作品で内田裕也さんが主演した「コミック雑誌なんかいらない」という映画をカンヌ映画祭に出品し、この映画に本木さんも出演していたのだ。当時の本木さんは「しぶがき隊」のアイドルだったが、アイドルぽいところはなく、映画の演技はしっかりしていた。
その後、尾崎秀美を描いた「スパイ・ゾルゲ」に主演し、この映画で堂々たる演技を見せ、立派な俳優になったな、と思った。
彼が大変な努力家だということも知っていた。そして今回の受賞である。

日本人の死生観に世界の注目が
前評判の高かったイスラエル映画を押しのけての受賞だった。泥沼のパレスチナ紛争やイラク戦争に世界が疲れ切っている。村上春樹氏がイスラエルで演説したように、なにはともあれ「弱い卵」の側に世界が味方するしか解決の手だてはないようだ。
そんな中で「おくりびと」は、宗教戦争やイデオロギー戦争に疲れた世界に癒しを与えた。滝田監督の力量に加えて、本木さんの生真面目で静謐な愛の演技が世界の観客の心を揺さぶったのだ。
これまで海外向け日本文化といえば、浮世絵、歌舞伎、能、華道、茶道、相撲の世界ということになっていた。しかしこういう世界は権威主義化しどこか薄汚れた拝金主義が漂っている。日本人は仏教徒と自他ともに認めてはいるが、日本の仏教界は世界の宗教戦争には何も役割を果たすこともなく、観光客を呼び込んでひたすら拝観料を集める拝金主義に陥り、宗教とは無縁の葬式仏教などと揶揄されている。
そんな中で「おくりびと」が描いた死生観は、日本人が時代を超えてもっていた宗教観がベースになっている。あの世への旅立ちは、悪いことでも何でもない。この世の命を終えた肉体は滅ぶが、肉体の中に存在した魂は転生する。魂は永遠に生き続ける。それが死者を送ることであり、送る人の尊厳なのだ、と映画は教えてくれた。
さきのコラムで書いたように、クリントン国務長官の明治神宮訪問にも、「おくりびと」受賞と同じことを感じた。日本文化の見方がチエンジしているのだ。
戦後のアメリカは、神道的な死生観を「邪悪なる異文化」として退けてきた。しかしいま「おくりびと」の優しい死生観が、戦いに疲れ切った世界に癒しを与え、日本人自身が忘却していた死者を送る文化が、俄然、注目を集めているのだ。
そのきっかけを作ってくれた本木さんとアカデミー映画祭の選考委員会に感謝したい。日本は金の力や軍事力でなく、宗教や芸術、哲学で世界に貢献できることを知るべきだ。

戦後、「過去の戦争に結びつく危険なもの」として退けられ、忘却されてきた日本の本当の歴史文化が蘇りつつある。GHQのホンネは戦死した日本兵の魂が、故郷の杜に戻るという思想を恐れて、神道を排除したのだ。
「おくりびと」だけでなく、同時受賞した加藤久仁生監督の「つみきのいえ」も素晴らしいアニメーションだ。本木さんや加藤さんのような若手がどんどん世界の映画界で活躍することで、日本は変わるだろう。
目先の選挙しかない政治家や自己利益に汚れた経済人、税金、年金を横取りする役人たちは、本木さんや加藤さんの爪の垢でも煎じて飲んで、身に染みついた汚れを除いて欲しいと切に思う。 (柴山哲也)
| - | 11:40 | - | - |
誇りなき中川大臣酒気帯び会見報道
日本の新聞記者はなぜ記者会見席上で注意しなかったのか
世界は生き馬の目を抜くメディアの戦場だと知れ

中川財務大臣の酒気帯び記者会見・辞任問題がメディアで、時ならぬ集中豪雨報道が起こっている。
しかし問題の記者会見のシーンを見ていた限り、会見の場で中川氏の異変を指摘する日本人記者はいなかった。中川氏の表情がおかしいだけでなく、隣の日銀総裁のコップを取ったシーンに、唖然とした。しかし同行記者たちは”粛々と?”まるでロボット記者でもあるかのように、無感情で機械的な質問を続けていた。
やがて外国のメディアが冷やかし半分に酒気帯び疑惑を報道することで、日本のテレビ、新聞は俄に騒然とし、外国メディアの尻馬に乗った報道洪水が起こったというわけである。そんなわけで、中川氏の”首を取った”とはしゃぎ回る日本メディアの振る舞いは、浅はかだし釈然としない。
なぜ、日本人記者は会見場で中川氏に注意しなかったのか。中川氏あるいは周辺が体調異変に気づいて退席するなどの措置を講じていれば、鵜の目鷹の目の外国メディアの餌食になることはなかったのではないか。
世界は”生き馬の目を抜くメディアの戦場”である。平和呆けの日本人記者は記者クラブの温室にどっぷりとつかり、ジャーナリズムとしての誇りも質の競争もなく、日頃からなれ合い報道を続けている。
そういう怠惰のツケが国際社会の報道戦争の場で露呈し、外国の報道機関に振り回され、自国の恥のニュースを後追いする羽目になるのだ。
メディアは事実を報道するものだが、同時にその国の誇りと国益を背負ったものであることを、記者は忘れてもらっては困る。
中川氏の恥は日本のメディアの恥でもあるのだ。中川氏と食事を共にしたという読売新聞の同行記者がいたというが、食事を共にしたのなら、解説でも弁明でも、記事のひとつでも書いたらどうなのか。いやはやどうなっているんだろう。
| - | 14:39 | - | - |
クリントン国務長官の明治神宮公式訪問の意味
戦後の対日観チェンジのシンボルか
仏教寺院でなく神社を訪問した意味を探る

クリントン国務長官が来日し、明治神宮を訪問したことの重要な意味をマスメディアは全く問うてはいない。中国訪問の前に来たとか、小沢民主党代表とも会談するとか、北朝鮮を見据えながら戦略を練っているーーとかメディアはいろいろ憶測しているが、いつものことながら、マスコミの憶測が当たったためしがない。今回の報道もどうでもいいことか、的はずれに見える。中国訪問前に来たから日本重視の表れなどという仰々しい解説は、親にすねた子供のような発想にすぎない。
何事も聖書に手を置いて宣誓する米国は宗教を重視する国家である。そのオバマ大統領の就任演説で世界の宗教との融和を訴えながら、仏教が入っていなかったことで、仏教国日本は無視されたなどと、日本のマスコミが囃したてた。
しかしクリントン氏の今回の明治神宮公式訪問で、その答えが見えている。つまり日本は仏教徒が多い国だが、日本人の宗教観の根本に神道があることをオバマ政権が初めて認知した証明なのだ。
これは太平洋戦争後の米国の対日観の大きなチエンジなのだ。
敗戦時、GHQの対日宗教政策を知る日本人はもうほとんどいないが、GHQは「神道指令」を発令して神道を宗教のカテゴリーからはずしてしまった。神道は禁止され宗教でもなくなったのだ。GHQは神道的なるものを目の敵にして抑圧した。
神道が国家神道になり日本が大東亜戦争を始めた思想的、宗教的原動力だったとGHQは分析し、日本の風土から神道的な思想を一掃することを狙ったのである。
故江藤淳氏は、GHQは神道を「邪悪かつ野蛮な異文化」として排斥し、神道禁止政策は「日本人の魂の改造計画」だったといっている。
GHQは柳田国男の民間信仰の著作を発行禁止にし、南方で戦死した兵の魂が故郷の神社に帰る、という詩を検閲し、発禁にしたりしている。神道関連の記述で発禁になった著作物は膨大なものだ。
以降、日本人は初詣で神社には行くが、宗教としての神道を信仰することはなくなった。しかし戦後の日本人がすべて仏教徒になったわけではないし、精神的な風土や習慣の中に、神道の影響はいまも大きく存在している。
戦死者を祀る靖国神社首相参拝の問題がこじれている理由に、GHQの神道禁止政策が色濃く影響していることも知っておく必要があるのだ。
その点でクリントン長官の明治神宮公式訪問の意味は極めて大きい。神社つまり神道を公式に認知したことは、戦後初の米国の対日政策の中の根本的な部分のチエンジの表れだと考えることができる。
戦後日本のあり方を決めたGHQ政策の見直しを、米国政府自身が始めていることがわかる。対等な関係というなら、まずもって相手の宗教や伝統文化を尊重しないといけない。神道を「邪悪かつ野蛮なる異文化」として否定し見下すのでは、対等な日米関係は構築できない。
オバマ政権はこれを理解して、日本との対等な同盟関係を再構築しようとしている。
マスコミはあまり低次元な利害関係だけで、クリントン訪日の意味を分析しないほうがいい。オバマ大統領の就任演説で仏教国日本に言及しなかったのは、その先に神道に支えられた日本文化の基底を見ていたからではないか。私はそう考えている。 (柴山 哲也)
| - | 14:32 | - | - |
谷人事院総裁強気発言の背景に巨大マスコミあり
マスコミは人事院の人事官ポストの「指定席」を放棄すべきだ
大新聞に官僚の天下りを批判する資格はない


日本の政治家は官僚のコントロールができないばかりか、逆に使われている、というのが世界の常識である。外国の政治家たちは日本の政治家は官僚の手下であると思っている。
これを実証し官僚の面目躍如を見せつけたのが、このたびの谷人事院総裁の振るまいだった。麻生総理の主宰する会合に出席もせず、世論の風当たりの強い「渡り」をいまだに正当化している。
人事院総裁といえば霞ヶ関官僚の人事や給与を決定し、天皇の認証を受けて就任する官僚の最高ポストで、人事院に3人しかいない人事官のなかでも最高の地位にある。
みのもんたの「朝ズバ」に出演した谷氏は、世論の逆風をものともしない言葉を吐き、「政権交代もあり得る」などといって麻生政権を見下す対決姿勢を示した。コケにされたかのような政治家甘利行革大臣は「内閣に指名された役人がテレビに出て政権交代に言及するなど、なんという傲岸不遜」と怒りを新たにしていたが、谷氏はどこ吹く風と飄々としているかに見えている。よほどの自信でもあるのだろうか?
芸能人みのもんたの就け刃の舌鋒も、筋金入りの谷氏にはまったく威力がなかったようだ。
谷氏がこうまで強気の背景について、政治評論家の矢野氏が、『週刊新潮』2月19日号に、巨大マスコミの援軍について書いている。
天皇の認証官のほか最高裁の弾劾裁判によってしか罷免されない高度な身分保障があるから谷総裁は権力を傘に着て、こうまで強気発言を続けていられるのか、と国民は思っている。
しかし矢野氏は、強気の背景にさらに別の理由を挙げている。
実は、人事官3人のうちの1人は退職した大新聞社の幹部経験者に指定席として振り当てられるポスト、ということだ。
調べて見ると現職の人事官は日経新聞出身者で、1953年以来、マスコミ出身者の「指定席」になっている。 内訳は、読売2、毎日1、朝日1、NHK1、日経1、という具合である。
マスコミOBを人事官にパチンコ サイト入金不要ボーナスしたのは、自民党総裁や副総理を歴任した緒方竹虎が最初だったといわれるが、緒方は戦前、朝日新聞主筆を務めた人である。緒方は新聞人は官僚人事に使える、と見たのだろうが、いまやマスコミの影響力と弊害が目立ちすぎる時代だ。
谷総裁が強気でいられる背景には、マスコミ出身の人事官がいる以上、自分の振るまいが本気でマスコミの批判を浴びることはあるまい、という思惑が働いているように見える。実は、マスコミ指定席の人事官ポストとは、霞ヶ関官僚の”人質”だったのである。
新聞記者をしていた者でも、自分の出身社から人事官が出ていることは寡聞にして知らず、ただ驚くばかりだ。そんな華麗なる転職をしている先輩がいるなどと多くの新聞記者たちも知らないだろう。世間知らずの新聞記者といわれても仕方がないが、それでも普通の新聞記者は黙々と地道な取材に骨身を削っているはずだ。
新聞は高級官僚の「天下り、渡り」を盛んに批判しているが、新聞記者が「天下り」のポストに官僚の最高位である「人事官」を「渡り」に利用していたことなど、まったく報道していない。
大マスコミの政治部、社会部記者たちはまずもって足下の華麗なる「天下り、渡り」を追求して欲しい。こうした重大な問題を週刊誌報道だけに任せて置くべきではない。
大新聞出身者の既得権益と化した「人事官への渡り指定席」を早急に放棄させるべきだ。日本新聞協会はまずもってこれを禁止するべきではないのか。大新聞が身内の襟を糺すことなく、官僚の不祥事や逸脱を批判する資格はない。
| - | 20:21 | - | - |
オバマ演説から希望をもらった日本の若者たち
コピペでない学生のレポートから見えてくる期待と絶望
”オバマさんは私たちも一緒にそこまで行きたいと思わせてくれた

大学の非常勤で教えている身でも、期末試験の季節になると、膨大なレポートの採点に忙殺される。最近の大学生はネットのコピペでレポートを済ますとテレビ番組で冷やかされる事が多い。そういう学生もいるだろう。
しかし大半は違う。真面目にレポート課題と取り組み、よく調べて、自分の文章を書いてくる。瑞々しく柔らかな感性の文章に触れたときは嬉しくなって、薄給の労苦も吹き飛んでしまう。
今年はオバマ論を書いてくる学生が多かった。特に就任演説に感銘を受けたとか、オバマの言葉に希望をもらったという理由で、何か文章を書きたくなったようだ。
オバマ演説の中の気に入った文章を引用し、「政治家の演説はこうあるべきだ。オバマ氏の「チエンジ」には、「歩いている道の先に明かりを灯し、そこまで行きたいと思わせるような前向きなところがある」という論旨があった。
日本の政治家では小泉氏の言葉はダントツの力と情熱を感じさせたが、あの「ぶっ壊す」という言葉は、「いま自分たちが歩いている道をもぶっ壊されそうで、暴力的で後ろ向きな感じがあった」と比較している。
しかしオバマ氏の語りは、日本の若者にも感動を与え、未来への理想と情熱をかきたて、政治を語る希望を蘇らせたようだ。
確かに、日本の政治家の言葉にはオバマ氏のような感動の物語がない。物語がないということは夢も希望もない、ということでもある。
いまは世界大恐慌かもしれないが、オバマ氏のように明日の希望を熱く語る指導者がいれば、国民の気分は少し楽になり、財布の紐も緩んで消費に金を使い、景気や経済も良くなるかもしれない。
人が宝くじを買うのは、夢を買うのであり、本当に当たると思って買っているわけでもない。
政治家たちが、国民一時金を出す出さないとケチな話を繰り返していても、国民の夢や希望にはならないのだ。かりに一時金が支給されたとしても、使ってしまえばそれで終わりだし、その後には怖い消費税が大口を開けて待ちかまえている。
世論への影響が強いメディアも犯罪や暗い話ばかり特集して、これでもか、これでもかと世の中を暗く見せている。これでは景気が悪くなるしか道はないのだ。
オバマ氏が、国税をつぎ込むメガバンクのCEOの年収額の上限を決めた措置は米国民の理解を得ており、85%の米国民はオバマ氏への期待を感じているようだ。国民に我慢を要求するオバマ氏は、自分自身にも辛い仕事を課している。このやり方を日本の政治家や日本政府は見習ったらどうかと思う。
自分には甘く、強欲に既得権益にしがみつき、底の抜けたバケツのように税金を使いまくる霞ヶ関病棟を放置してながら、国民には非道を強いる日本政府と与党政権のあり方に、若者たちもほとほと辟易している様子がわかる。
日本はどんなことがあろうと変わらない、と思いこんでしらけていた若者たちが、オバマ氏の米国に希望を見いだしたのは、皮肉なことである
ならば、どうすれば日本は変わるか。チエンジ世論を作るにはメディアの役割が重要だが、テレビも新聞も頼りにならない。既成メディアは堕落しきっていてダメだから、インターネットに期待したい、というレポートがたくさんあった。
オバマ氏がUチューブやSNSなどの新しいネット・メディアを駆使してチエンジの原動力にしたことに希望を見いだしているようだ。米国の若者たちはネットに吸い寄せられるようにして、オバマ氏の草の根の支持基盤を作っていった。
なるほど日本にもその目はある。しかし真の変革をもたらすには、ネットの現状を変革する必要がある。誹謗中傷の書き込み、噂の垂れ流し、無責任な匿名の言説などで知られるネットを健全な世論の場にするためには、「ネットの変革」こそ重要な課題なのである。
心ある若者たちが、ネットの変革に乗り出し、ネットを健全で嘘のない世論形成の場にすることに成功すれば、日本の本当の変革も夢ではない。
期末の学生のレポートを読みながらそんなことを考えた。
| - | 13:55 | - | - |
| 1/1PAGES |

7 月 7 日 パチンコツインカジノパチンコ ピクセルベット会員登録ダイイチ パチンコハズカジノパチンコ CR 牙狼FINAL優雅堂 カジノ 出金 テッド ベット 使い方ボンズカジノ 評判カスモ パチンコ